結婚式のはなし 

結婚式の話 その2

 

結婚式っていつ頃挙げるのがよいのだろう・・・

 

結婚が決まって、結婚式を考えた時

結婚式をいつ挙げるのかではじめ迷われると思います

ふたりの記念日や誕生日の日

春の柔らかい暖かさを迎える4月5月や

過ごしやすく、天候も安定している10月11月などが多いです

梅雨や・真夏や・真冬なんかは挙げる方が少ないです

 

結婚式は二人とゲストと関わったスタッフの方々で作り上げる一日と感じてます

どんなに二人が準備していても

みんなが素敵な一日を過ごすには当日の関わるスタッフが大事です

そんな人気なハイシーズンは関わるスタッフのサービスや質にばらつきが出る時期なのではと感じてます

 

そう 結婚式 ハイシーズン を避けた方がいいのでは? 説

 

日取りが良い日

みなさん忙しいので、どうしても、無理してます

忙しいので気持ちが入りにくいです

経験が浅い方も現場に投入されてる気がします ※もちろんこれはあくまで黒川の感想です

スタッフの準備や当日のサービスは

ゲストに影響されます

忙しい日より

のんびりの日が

いいです

 

 

当日の現場スタッフのモチベーションってすごく大事で

技術より気持ちが必要です

楽しく優しい時間が流れるには

みんなのきめ細やかなサポートと結婚式愛が大事だと思います

少し前の結婚式で

披露宴前に新郎新婦さんが配膳スタッフの方に挨拶しました

「みんなの力があってこそ結婚式が挙げれるのでどうか手伝ってください!」

「よろしくお願いします!」と

ふたりが退出した後、がんばろ!って声が聞こえました

なんかすごく素敵な事が起きた瞬間でした

 

司会者さんも お花屋さんも 写真屋さんも ビデオ屋さんも

会場スタッフも

いろんな方がいます

大切な一日だからこそ

僕らがもっと気持ちを込めて触れ合う事が大事な気がしてます

 

つづく

 

 

 

 

2018-11-30 | Posted in | No Comments » 

関連記事